伊勢市神久の東谷医院|内科・消化器内科・肝臓内科・循環器内科・呼吸器内科

  • HOME
  • 医師の想い
医師の想い

医院方針

医院方針

患者さんにできるだけ負担がかからない治療を親身に提案いたします

当院は、親身に、かつ迅速な対応を大切にする方針です。例えば、大腸の内視鏡検査でポリープが見つかった場合は、その場で切除します。事前に検査内容や検査後の流れを丁寧に説明したうえで、鎮静剤も使用するので、処置する際の負担は少ないかと思います。検査と治療を別日にしないことで、病気の早期発見・治療につながればと願っています。

また、患者さんがより楽に検査を受診できるよう、胃の内視鏡検査は鼻からカメラを挿入する方法を採用しています。お車で来られる患者さんにも配慮し、基本的には鎮静剤を使用しませんが、ご要望に合わせて柔軟に対応いたします。

なお、検査や治療後の食事など、注意事項がある場合は、丁寧にご説明することに加え、ご自宅でも再確認できるよう、紙に書いてお渡しするようにもしています。

患者さんへの思い

患者さんへの思い

地域の皆さんに「また来たい」と思ってもらえる診療を目指します

患者さんに接する際には、いつも自分だったらどうしてほしいかを考えるよう心がけています。患者さんの不安な気持ちを察してお声がけしたり、説明する際に言葉の選び方に気をつかったりと、自分の家族を思いやるような気持ちで、日々の診療にあたっています。

「ここへ来てよかった」「困ったことがあっても、ここへ来ればいつでも対応してもらえる」と思っていただけるような、頼りがいのある医院を目指して、今後もスタッフとともに尽力してまいります。